生保レディのみなさん、どうか力を貸してください!

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

新着情報


■該当件数28件中<1 ~ 10を表示> | 1 | 2 | 3 | 次へ>

20200803

看護師のみなさんにお願いです。
どうか力を貸してください!

8月ですね…。
本来であれば楽しいはずの夏がやってきました。
今年はちょっと変な感じがします…。

看護師のみなさんは、いかがお過ごしですか?
いつものように忙しく走り回ってらっしゃいますか?
今日のシフトは?
もしかして…、夜勤明けですか?
ならば明日もお休みですね。
朝の太陽が眩しかったでしょう?

今回は、看護師のみなさんへのメッセージです。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会では
アクティブシニアがエンディングを迎えるまでの長きにわたり
円滑で安心な生涯主役人生をフルサポートする認定資格
百寿コンシェルジュを創設しました。
2021年3月31日までに100名の百寿コンシェルジュを養成する目標を掲げています。

わが国の悲観的な人口動態予測
平成から令和への御代替わり
認知症に加え感染症リスクの高まり
老老地獄や介護離職の社会問題化

これらを受け
親世代が目の黒いうちに子ども世代にすべてをバトンタッチしてしまう
老後の新しい価値観が生み出されつつあります。

そして、これを現実のものとするためには
親世代が元気なうちから信頼関係を構築しつつ長生き時代ゆえのリスクを抑制し
医療や介護やおカネやエンディング等の「まさか」が起きた時に
子ども世代の負担を軽減させてあげられるような
いつでも・なんでも・気軽に相談できて
同行・代行・請負まで対応できる
円滑老後のパートナーの存在が不可欠です。

しかし残念ながら
どうにか身の回りのことを自分でできるシニアのための総合的な相談窓口がありません。
各分野の国家資格者たちは、自分の専門外のことにはノータッチです。
いや、専門分野であっても、夜間や土日祝日は機能していません。
そもそも、医者も弁護士も介護支援専門員(ケアマネジャー)も
警察と同様、事が起きてからでないと力になってくれないのが現実です。

そこで
人生100年時代のイチ押し資格
百寿コンシェルジュです
元気なシニアが最後のさいごまで自分の人生の主役であり続けられるように
云十年にもおよぶシニアライフをともにデザインし
「まさか」の場合には
お子さん世代と連携しながら、親世代の想いを実現させてあげることのできる
唯一無二の専門資格
認知症対策&終活支援のプロフェッショナル
それが百寿コンシェルジュです。

百寿グループでは、過去15年間に8千件のシニアからの電話相談に対応してきました。
うち1,500件には個別支援を行ってきました。
その結果
属性如何に関わらず、シニアの老後の課題はみな同じであり
対応策もいくつかに限定されることがわかりました。

つまり
老後によくある問題の解決手順さえ習得してしまえば
みなさんの地縁のあるエリアで
アクティブシニアの円滑老後を一気通貫でサポートしていただくことが可能になります。

これが意味するのは
看護師のみなさんの活動においては医療保険制度に抵触するがためにおカネを取ってはならなかった
医療や福祉やおカネや葬儀をはじめとする
ありとあらゆる医療保険の枠外の相談に対応することの対価を
キッチリと稼ぐことができる…ということに他なりません。

いかがでしょうか
この話に魅力を感じますか?感じませんか?

百寿コンシェルジュは
ある手順に則って地域シニアとの縁を作り
接触頻度を積み重ねながら信頼関係を深め
何かが発生するごとに相談および同行・代行・請負の対価を戴く仕事です。

結果的に
親世代からもお子さん世代からも感謝されながら
自分のペースとリズムでゆとりを持ちながら
納得の収入を得ることのできる
究極のシニアビジネスモデルです。

類のない差別化された専門資格なので
完全に売り手市場&先行者利益型のビジネスモデルです。

理事長も院長も事務長も看護師長も不要なひとり起業モデルですから
無用に組織のストレスを感じることもありません。

現在のみなさんのように
「重大な責任」と「多種多様な患者さんのマネジメント」と「過度な労働負担」だけ課せられて
そのくせトップや看護師長に愛でられない限り低評価という
理不尽な処遇にフラストレーションを抱えることもありません。

みなさんはご自身の人生設計をどのように考えてらっしゃいますか?
とくに小中学生のお子さんをお持ちの看護師のみなさん
シングルマザーもしくは家計の大黒柱を担っている看護師のみなさん
夜勤をはじめとする重労働が体力的にキツくなってきた看護師のみなさん
あなた自身と大切なお子さんたちのために
つぎのステージのことを考えてらっしゃいますか?

残念ながら
看護師というフィールドのなかで働いている限り
現在の職場とはそう大差ないのが現実です。
それはみなさんも気づかれていることでしょう。

これまで縁あって出会った多くの患者さんたちに献身的に尽くしてこられたみなさんです。
もう十分に、ひとつのステージでの役割を果たしきったとは考えられませんか?
次なるステージでは、もう少し、ご自身の時間とカラダと未来を大切にしてみてはどうですか?

もしも…
キャリア的・体力的・年齢的に、ひとつの転機かもしれないなと感じてらっしゃったとしたら
看護師のみなさんにお力を貸してほしいフィールドがあります。
これまでみなさんが携わってきた
すでに医療と看護を必要としている人たちではなく
今はまだ元気ではあるけれど、漠然と生い先への不安を感じている人たち
そんなアクティブシニアと称される人たちが
自分の人生の最後のさいごまで主役であり続けられるよう
エンディングまでの長きにわたってサポートしてあげる世界

看護師のみなさんには
是非ともこの世界を牽引していってほしいと思っています。

人は長生きするに連れ心身が衰えていきます。
さまざまなものを失くしていきます。
そうすると
自分の人生でありながら
医師やケアマネや成年後見人や望んではいない家族の誰かによって
人生をコントロールされるようになってしまいます。
これでは自分の人生の脇役どころか
通行人に成り下がってしまうようなものです。

私たち百寿コンシェルジュの仕事は
誰もが生涯主役人生を実現できるよう
元気なうちから信頼関係を築いて
エンディングを迎えるまでの長きにわたって、その人の描いた老後をかなえて差し上げることです。

そして
ご本人の望みを叶えるだけではなく
大切なお子さんたちへの負担を極力減らして差し上げることです。

そのために
まずは老後のよくある課題ごとにご要望を聴いて
その内容をまとめてあげて
お子さんたちと共有させてあげて
親子の絆で円滑な老後をまっとうできるようにして差し上げます。

そうして足元を固めたうえで
認知症や感染症のリスクを抑えるための工夫を凝らして差し上げます。
ともに学び、ともに遊び、楽しい刺激を与えて差し上げます。

そしてもしも事が起きてしまったときには
ご本人が元気な時に望んでいたとおりにして差し上げるべく
ときにお子さんとも連携を取りながら
実務を代行したり請け負ったりして差し上げます。
きちんと対価をいただきながら。

いかがでしょうか。
ある程度、百寿コンシェルジュの仕事をイメージしていただけたでしょうか?

人生100年時代の円滑老後のパートナー
認知症対策と就活支援のプロフェッショナル
百寿コンシェルジュです。

数多いシニアビジネスの中でも特に市場性が高いので
仕事も顧客も時間もおカネも
すべてを自分でコントロールすることができます。
もう他者が敷いたレールの上を走る必要はないのです。

個人事業主でありながら会社や上司の敷いたレールの上をひた走る世界にサヨナラできます。
それこそが、本当にやりがいのある仕事人生だと思いませんか?

興味を持っていただけたなら
是非とも、百寿コンシェルジュのことを調べてみてください。



この資格は
認定資格創設から間もないので認知度は低いです。
認定講座の受講者は30数名。
百寿コンシェルジュとしてデビューした人は、わずか12名に過ぎません。
ちなみに、看護師出身の方はゼロです。

来春までに何としても100名の百寿コンシェルジュにデビューしてほしいのです。
だって百寿コンシェルジュのようなプロを待ちわびているシニアがたくさんいるのですから。
みなさんの地元やゆかりのある街も同様のはずです。
看護師のみなさんにこそ
それぞれの活動エリアで、みなさんに百寿コンシェルジュ第1号になってほしいと思います。

看護師のみなさんこそが、百寿コンシェルジュにもっとも相応しいと思っています。
なぜなら
医療や看護や健康管理の見識に加え、ヒューマンスキル、コミュニケーションスキル、
そして何よりも
シニアの心情に寄り添える白衣の天使としての素養を既に存分にお持ちだからです。

おそらくこれまでの患者さんやご家族からも
医療や看護とは直接関係のないことも多々相談されてきたのではないですか?
そしてできる限りの対応をされてきたのではないですか?
その対価をもらうこともなく…です。

百寿コンシェルジュはシティホテルのコンシェルジュ同様
クライアントのあらゆるニーズ&ウォンツに対応します。
依頼の多いサービスのほとんどが20万円〜30万円(税別)です。

案件ごとのコストパフォーマンスが高いので
ワークライフバランスのとれた人生を手にすることが可能です。

夜勤・数々のペーパーワークに研修・残業・休日勤務
そして医療保険制度の縛りから脱却して
みなさん本来のパーソナリティーを発揮して
四捨五入百世代(50歳以上)の人たちの円滑老後のパートナーとなって
公私ともにワンランク上のステージに一緒に駆けあがりませんか?

是非とも看護師のみなさんのお力をお借りして
元気なうちからそなえてお子さんたちに負担をかけない
そんな老後の新しい価値観を日本中に広めていきたいと願っています。

未来を変えたいとお考えの看護師のみなさん
コンタクトを心待ちにしています。

20200802

介護支援専門員のみなさんにお願い
どうか力を貸してください!

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会では
アクティブシニアがエンディングを迎えるまでの長きにわたり
円滑で安心な生涯主役人生をフルサポートする認定資格
百寿コンシェルジュを創設しました。
2021年3月31日までに100名の百寿コンシェルジュを養成する目標を掲げています。

わが国の悲観的な人口動態予測
平成から令和への御代替わり
認知症に加え感染症リスクの高まり
老老地獄や介護離職の社会問題化

これらを受け
親世代が目の黒いうちに子ども世代にすべてをバトンタッチしてしまう
老後の新しい価値観が生み出されつつあります。

そして、これを現実のものとするためには
親世代が元気なうちから信頼関係を構築しつつ長生き時代ゆえのリスクを抑制し
医療や介護やおカネやエンディング等の「まさか」が起きた時に
子ども世代の負担を軽減させてあげられるような
いつでも・なんでも・気軽に相談できて
同行・代行・請負まで対応できる
円滑老後のパートナーの存在が不可欠です。

しかし残念ながら
どうにか身の回りのことを自分でできるシニアのための総合的な相談窓口がありません。
各分野の国家資格者たちは、自分の専門外のことにはノータッチです。
いや、専門分野であっても、夜間や土日祝日は機能していません。
そもそも、医者も弁護士も介護支援専門員(ケアマネジャー)も
警察と同様、事が起きてからでないと力になってくれないのが現実です。

そこで
人生100年時代のイチ押し資格
百寿コンシェルジュです
元気なシニアが最後のさいごまで自分の人生の主役であり続けられるように
云十年にもおよぶシニアライフをともにデザインし
「まさか」の場合には
お子さん世代と連携しながら、親世代の想いを実現させてあげることのできる
唯一無二の専門資格
認知症対策&終活支援のプロフェッショナル
それが百寿コンシェルジュです

百寿グループでは、過去15年間に8千件のシニアからの電話相談に対応してきました。
うち1,500件には個別支援を行ってきました。
その結果
属性如何に関わらず、シニアの老後の課題はみな同じであり
対応策もいくつかに限定されることがわかりました。

つまり
老後によくある問題の解決手順さえ習得してしまえば
みなさんの地縁のあるエリアで
アクティブシニアの円滑老後を一気通貫でサポートしていただくことが可能になります。

これが意味するのは
介護支援専門員の活動においては介護保険法に抵触するがためにおカネを取ってはならなかった
医療や福祉やおカネや葬儀をはじめとする
ありとあらゆる介護保険の枠外の相談に対応することの対価を
キッチリと稼ぐことができる…ということに他なりません。

いかがでしょうか
この話に魅力を感じますか?感じませんか?

百寿コンシェルジュは
ある手順に則って地域シニアとの縁を作り
接触頻度を積み重ねながら信頼関係を深め
何かが発生するごとに相談および同行・代行・請負の対価を戴く仕事です。

結果的に
親世代からもお子さん世代からも感謝されながら
自分のペースとリズムでゆとりを持ちながら
納得の収入を得ることのできる
究極のシニアビジネスモデルです。

類のない差別化された専門資格なので
完全に売り手市場&先行者利益型のビジネスモデルです。

上司も同僚も部下も不要なひとり起業モデルですから
無用に人間関係にストレスを感じることもありません。

現在のみなさんのように
「重大な責任」と「膨大な書類」と「誰にも相手にされない問題利用者」だけ課せられて
そのくせ介護職よりも低評価な処遇永遠にフラストレーションも抱えずに済みます。

介護保険制度の要? 長寿高齢社会の花形?
介護支援専門員のみなさんがそんなふうに称えられたのは遠い昔の話
3年毎の制度改悪の繰り返しで
いつしかみなさんは便利屋に成り下がってしまったのです。
「面倒なことは全部ケアマネに振っておけ」って具合に…。

一体、どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか?

介護保険制度施行前夜には20万人超の受験者でごった返した介護支援専門員試験
2019年の受験者数は3万人にまで激減しています。
この落差は異常です。

かつて夢と希望を胸にケアマネを目指したみなさんがいました。
介護職で経験を積んで、いつの日かケアマネになるんだと頑張っていたみなさんがいました。
でも残念ながら
今日ではケアマネになろうという人は、ほぼいなくなりました。
いや、むしろ、以前の介護職に戻る人さえ増えてきました。
ケアマネはしんどいだけで実入りが少ないことが明らかになったからです。

安すぎる賃金、超超超業務過多による超多忙、残業と休日勤務の嵐、
定期的制度改悪に伴う減算・加算知識のアップデート、やたら増え続ける無意味な義務研修、
地域からも家族からも見限られた問題利用者への献身的な支援…

みなさんはいつまでこんな日々を続けていくのですか?
もう十分に頑張ったじゃないですか?
その頑張りは何かの形で報われましたか?

今の介護支援専門員は
介護保険制度の矛盾や不条理、あらゆるグレー事項のスケープゴートにされている気がします。

そして、政治家も役人も有識者と称される人たちも
本当の意味でみなさんの苦悩を理解してはいません。
おそらく永遠に理解はできないでしょう。

つまり
いくら介護支援専門員の窮状を訴えたとしても
むなしく空回りするだけ…
本当は、みなさんもそのことに気づいているのではないですか?

にもかかわらず
今も過酷な業務に忙殺されて、自分の生活をも犠牲にしながら
介護支援専門員本来の仕事以外のことまで必死で取り組んでいるみなさんがいます。

大変だと思います。
みなさんが献身的に支えている利用者のことはもう行政に任せたらどうでしょう。
それが厚労省のいう「行政の共助・公助責任」です。

介護支援専門員のみなさんには
「自助・互助」クラスのシニアをサポートしてほしいと思っています。
それも、元気なうちから、です。

ある意味
要介護認定を受けた人たちよりも
不安の日々を過ごしているアクティブシニアは多いのです。

身の回りのことはどうにか自分でできるけれど
配偶者に先立たれ、お子さんたちとも離れて暮らしながら
老い先への漠然とした不安を抱えている…
そんな人たちです。

シニアが元気なうちから関係を構築して
健康を維持する工夫を提供しながら、その人らしい老後をデザインして
エンディングを迎えるまで寄り添いながら
まさかの場合には、事務を代行したり請け負ったりしてあげる
もちろんキチンとした対価をもらいながら、です。

これが人生100年時代の円滑老後のパートナー
百寿コンシェルジュです。

数多いシニアビジネスの中でも特に市場性が高いので
仕事も顧客も時間もおカネも
すべてを自分でコントロールすることができます。
もう他者が敷いたレールの上を走る必要はないのです。

個人事業主でありながら会社や上司の敷いたレールの上をひた走る世界にサヨナラできます。
それこそが、本当にやりがいのある仕事人生だと思いませんか?

興味を持っていただけたなら
是非とも、百寿コンシェルジュのことを調べてみてください。



この資格は
認定資格創設から間もないので認知度は低いです。
認定講座の受講者は30数名。
百寿コンシェルジュとしてデビューした人は、わずか12名に過ぎません。
ちなみに、介護支援専門員出身の方はゼロです。

来春までに何としても100名の百寿コンシェルジュにデビューしてほしいのです。
だって百寿コンシェルジュのようなプロを待ちわびているシニアがたくさんいるのですから。
みなさんの地元やゆかりのある街も同様のはずです。
介護支援専門員のみなさんにこそ
それぞれの活動エリアで、みなさんに百寿コンシェルジュ第1号になってほしいと思います。

介護支援専門員のみなさんこそが、百寿コンシェルジュにもっとも相応しいと思っています。
なぜなら
ケアマネジメントのスキルに加え、
ヒューマンスキル、コミュニケーションスキル、マーケテイングスキル、
そして何よりも
シニアの老後設計に資する見識とノウハウを既に存分にお持ちだからです。

おそらくこれまでのクライアントからも
介護保険サービスとは直接関係のないことも多々相談に乗ってあげてきたのではないですか?
繰り返しになりますが、その対価をもらうこともなく…です。

百寿コンシェルジュはシティホテルのコンシェルジュ同様
クライアントのあらゆるニーズ&ウォンツに対応します。
依頼の多いサービスのほとんどが20万円〜30万円(税別)です。

案件ごとのコストパフォーマンスが高いので
ワークライフバランスのとれた人生を手にすることが可能です。

書類地獄・ノルマ地獄・残業および休日勤務地獄・研修地獄
そして介護保険法の縛りから脱却して
みなさん本来のパーソナリティーを発揮して
公私ともにワンランク上のステージに一緒に駆けあがりましょう。

是非とも介護支援専門員のみなさんのお力をお借りして
元気なうちからそなえてお子さんたちに負担をかけない
そんな老後の新しい価値観を日本中に広めていきたいと願っています。

未来を変えたいとお考えの介護支援専門員のみなさん
コンタクトを心待ちにしています

2020/08/01

生保レディのみなさんにお願いです。
どうか力を貸してください!


一般社団法人百寿コンシェルジュ協会では
アクティブシニアがエンディングを迎えるまでの長きにわたり
円滑で安心な生涯主役人生をフルサポートする認定資格
百寿コンシェルジュを創設しました。
2021年3月31日までに100名の百寿コンシェルジュを養成する目標を掲げています。

わが国の悲観的な人口動態予測
平成から令和への御代替わり
認知症に加え感染症リスクの高まり
老老地獄や介護離職の社会問題化

これらを受け
親世代が目の黒いうちに子ども世代にすべてをバトンタッチしてしまう
老後の新しい価値観を生み出しつつあります。

そして、これを現実のものとするためには
親世代が元気なうちから信頼関係を構築しつつ長生き時代ゆえのリスクを抑制し
医療や介護やおカネやエンディング等の「まさか」が起きた時に
子ども世代の負担を軽減させてあげられるような
いつでも・なんでも・気軽に相談できて
同行・代行・請負まで対応できる
円滑老後のパートナーの存在が不可欠です。

しかし残念ながら
どうにか身の回りのことを自分でできるシニアのための総合的な相談窓口がありません。
各分野の国家資格者たちは、自分の専門外のことにはノータッチです。
いや、専門分野であっても、夜間や土日祝日は機能していません。
そもそも、医者も弁護士も介護支援専門員(ケアマネジャー)も
警察と同様、事が起きてからでないと力になってくれないのです。

そこで
人生100年時代のイチ押し資格
百寿コンシェルジュです
元気なシニアが最後のさいごまで自分の人生の主役であり続けられるように
云十年にもおよぶシニアライフをともにデザインし
「まさか」の場合には
お子さん世代と連携しながら、親世代の想いを実現させてあげることのできる
唯一無二の専門資格
認知症対策&終活支援のプロフェッショナル
それが百寿コンシェルジュです

百寿グループでは、過去15年間に8千件のシニアからの電話相談に対応してきました。
うち1,500件には個別支援を行ってきました。
その結果
属性如何に関わらず、シニアの老後の課題はみな同じであり
対応策もいくつかに限定されることがわかりました。

つまり
老後によくある問題の解決手順さえ習得してしまえば
みなさんの地縁のあるエリアで
アクティブシニアの円滑老後をサポートしていただくことが可能になります。

これが意味するのは
生保レディの活動においては保険法に抵触するがためにおカネを取ってはならない
医療・介護・相続・葬儀をはじめとするあらゆる相談に対応することの対価を
キッチリと稼ぐことができる…ということに他なりません。

いかがでしょうか
この話に魅力を感じますか?感じませんか?

百寿コンシェルジュは
ある手順に則って地域シニアとの縁を作り
接触頻度を積み重ねながら信頼関係を深め
何かが発生するごとに相談および同行・代行・請負の対価を戴く仕事です。

結果的に
親世代からもお子さん世代からも感謝されながら
自分のペースとリズムでゆとりを持ちながら
納得の収入を得ることのできる
究極のシニアビジネスモデルです。

類のない差別化された専門資格なので
完全に売り手市場&先行者利益型のビジネスモデルです。

上司も同僚も部下も不要なひとり起業モデルですから
無用に人間関係にストレスを感じることもありません。

生保レディのような永遠に続くノルマ地獄もありません。
家族や親類縁者に何かを売る必要もありません。
不本意に知人友人を仲間に引き込む必要もありません。
いやむしろ、百寿コンシェルジュのことを教えてあげたら喜ばれるに違いありません。

数多いシニアビジネスの中でも特に市場性が高いので
仕事も顧客も時間もおカネも
すべてを自分でコントロールすることができます。
もう他者が敷いたレールの上を走る必要はないのです。

個人事業主でありながら会社や上司の敷いたレールの上をひた走る世界にサヨナラできます。
それこそが、本当にやりがいのある仕事人生だと思いませんか?

興味を持っていただけたなら
是非とも、百寿コンシェルジュのことを調べてみてください。



認定資格創設から間もないので認知度は低いです。
認定講座の受講者は30数名。
百寿コンシェルジュとしてデビューした人は、わずか12名に過ぎません。
ちなみに、生保レディ出身の方はゼロです。

来春までに何としても100名の百寿コンシェルジュにデビューしてほしいのです。
だって百寿コンシェルジュのようなプロを待ちわびているシニアがたくさんいるのですから。
みなさんの地元やゆかりのある街も同様のはずです。
First come , first served です。
みなさんそれぞれの活動エリアで、みなさんに百寿コンシェルジュ第1号になってほしいと思います。

ところで
この百寿コンシェルジュにもっとも相応しいのはどんな人たちなのでしょうか?

私は生保レディのみなさん(OGを含む)であると確信しています。
種明かしをすれば
私自身のクライアントであるシニアにリサーチをかけたら
百寿コンシェルジュ像としては生保レディがダントツだったからです。
でも、考えてみれば、それも容易に納得ができました。

なぜなら
生保業界で営業職を務めてこられたみなさんは
ヒューマンスキル、コミュニケーションスキル、マーケテイングスキル、
そして何よりも
シニアの老後設計に資する見識とノウハウを既に存分にお持ちだからです。

おそらくこれまでのクライアントからも
保険商品と直接関係のないことも多々相談に乗ってあげてきたのではないですか?
繰り返しになりますが、その対価をもらうこともなく…です。

百寿コンシェルジュはシティホテルのコンシェルジュ同様
クライアントのあらゆるニーズ&ウォンツに対応します。
依頼の多いサービスのほとんどが20万円〜30万円(税別)です。

案件ごとのコストパフォーマンスが高いので
ワークライフバランスのとれた人生を手にすることが可能です。

ノルマ地獄・残業地獄・休日勤務地獄・使い捨て地獄
そして保険法の縛りから脱却して
みなさん本来のパーソナリティーを発揮して
公私ともにワンランク上のステージに一緒に駆けあがりましょう。

是非とも生保レディのみなさんのお力をお借りして
元気なうちからそなえてお子さんたちに負担をかけない
そんな老後の新しい価値観を日本中に広めていきたいと願っています。

未来を変えたいとお考えの生保レディのみなさん
コンタクトを心待ちにしています

2020/05/05

百寿グループのYouTubeチャンネル『シニアビジネスアカデミー』
https://www.youtube.com/channel/UCrBnV4me6VecRK2x6YZim3A

このチャンネルでは、シニアビジネスのカリスマ・(百寿グループ代表)山崎宏が、「シニアを相手にする商売に関わっている人たち・関わろうとしている人たち」を対象に、公私ともにワンランク上のステージに上がるためのさまざまな情報をお届けしてまいります。業界を問わず、いまや顧客の大半はシニアです。これからは、シニアに財布の紐を解かせることができるか否かが、ビジネスの浮沈を握っています。みなさんがどんな分野で活躍されていたとしても、シニアビジネスで成果を上げるための意識・知識・技術を習得されることをお奨めします。団塊シニアがすべて熟年高齢者(75歳以上)になる2025年に向けてスタートダッシュを切るのです。百寿グループが感度良好で上昇意欲に溢れるみなさんを全面的に応援します。さあ。アフター・コロナは、シニアに感謝されながらしっかりと稼いで、公私ともにワンランク上のステージへ駆けあがりましょう!
シニアビジネスのこと、認定資格・百寿コンシェルジュのこと、山崎宏のこと…。ご関心を持っていただけたなら、24時間対応の電話相談サービス『お困りごとホットライン』045-228-5327 または、百寿グループのホームページhttp://100jk.jpから、お気軽にコンタクトしてください。

2020/05/05


2020/05/04




2020/05/03




20200415




20200406

シニアビジネスでの成功を目指すあなたに、百寿グループから、公私ともにワンランク上のステージに飛躍するための超絶㊙講座のご案内です。ズバリ、「シニアキラー」となるための実践スキルを伝授する『シニアビジネスアカデミーV(バーチャル)』と、シニアキラーを演じることで感謝されながら納得の収入を稼げる『起業支援付き百寿コンシェルジュ起業講座V(バーチャル) 』のふたつです。業界を問わず、いまや顧客の大半はシニアです。これからは、シニアに財布の紐を解かせることができるかどうかが、ビジネスの浮沈を握っています。



想定外のコロナ災禍で今はどうにもならない状況かですが、やまない雨はありません。自宅退避を強いられている今のうちに、シニアキラーとなるための意識・知識・技術を習得されることをお奨めします。 そしてコロナ危機が去った時、スタートダッシュを切るのです。感度良好で上昇意欲に溢れるみなさんを、全面的に応援します。さあ。アフター・コロナは、シニアに感謝されながら稼いで、公私ともにワンランク上を目指しましょう!

2020/03/31

アフター・コロナにそなえよう!
SBAバーチャルで、シニアキラーとなって稼ぎまくれ!

百寿コンシェルジュ協会では、SBA-V(シニアビジネスアカデミー)第一期生100名を募集します…。

大学を出て当然のように就職する時代は過ぎ去った…。本来の自分を封印し、セクハラ・パワハラにひたすら耐えることの対価としてせいぜい年収1,000万円を手にするために、キミは限られた人生の貴重な時間を捧げるのか⁉それで本当にハッピーなのか⁉選択肢はいくらでもあるぞ。それが令和という時代なのだ。超デジタルな現代だからこそ、あえて超アナログなシニアビジネスで、すべてをコントロールしながらノンストレスで稼ぐっちゅのはどよ?そう。合言葉は「ストラバ・レコンチュ(ストレスよサラバ、レッツ・コンチュロール!)」だ!

満員電車もパワハラもセクハラも、わがまま放題のお客もノルマも残業も、くっだらねぇつきあいもない。ありのままの自分をさらけ出しながら、ストレスを抱えることなく、感謝されながらラクして稼げたとしたら?

建前の人生と本音の人生をコントロールしながら、まずは年収1,000万円を手にする究極のビジネスモデル。それが『シニアキラー』である。SBA(シニアビジネスアカデミー)バーチャル講座では、シニアキラーとなるための具体的な方法を全10回(45分×10回)で習得できるようにする。

向上心旺盛な若人に捧げる渾身の450分を体感せよ!

【シニアビジネスアカデミーVの開講要領】
★募集定員 100名
★受講要件 現役学生、20代・30代・40代の社会人
★開講日程 2020年4月11日(土)より5月10日(日)まで、5週連続で動画を配信予定。
★受講料  55,000円(税込み)*先着30名限定特価33,000円!
★受講者特典 終活支援のプロ『百寿コンシェルジュ』認定講座およびパートナーシップの優待
★申込み方法 
info@100jc.life まで、タイトルを「SBA受講希望」として、氏名・性別・年齢・住所・連絡先を明記してメール送付のこと。折り返し、受講料の入金方法をお知らせします。

トップページに戻る

PageTop