終活の詳しい内容|人生100年時代の終活資格認定講座【一般社団法人百寿コンシェルジュ協会】

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研
space

質問

終活の詳しい内容を教えてください

昨年還暦を迎えましたが、まだ仕事をしていると身体も元気なので、終活のことなどまったく考えていませんでした。
しかし、今年に入って高校時代の同窓会があって、それに参加したのですが、この歳になると健康面の話が話題のほとんどで、すでに終活をはじめている同級生がたくさんいることにも驚かされました。
家に帰ってきてそのことを妻に話すと、実は妻も前から終活のことが気になっていて、身体はお互いに健康でもそろそろ終活をはじめた方がいいとのことで、私は正直まだ早いと思うところもありますが、妻に従うことにしました。
そこで質問なのですが、具体的に終活は何をすればいいのでしょうか?

回答

エンディングノートの作成と断捨離からはじめましょう

まずは、エンディングノートを作成することからはじめましょう。
その名の通りに、死ぬまでにしたいことや、死んだ後のことを記載するノートで、書き方に決まりはありませんが、自分の興味があることから徐々に埋めていくといいでしょう。
具体的には、相続に関することや、医療や介護や葬儀の希望や、友人や知人の連絡先などを記載するのが一般的です。
エンディングノートの形式も決まっていませんが、市販のものやエンディングノートのアプリなども用意されています。
エンディングノートの他に、終活の代表的なものの一つに断捨離があります。
断捨離とは、必要ないモノを整理することを指しますが、終活における断捨離には、他にもモノを増やさない、欲しい気持ちを絶つという意味もあります。
不用品をいつまでももっていると、自分が亡くなったあとに家族に迷惑をかけることになりますので、奥様とも相談しながら、時間をかけて不用品を処分していきましょう。
まだ元気とのことですが、今のうちから医療や介護が必要になったときにどうするかを話し合っておくことも終活の一つで、お墓がないようならその準備をはじめることも代表的な終活の一種です。
トップページに戻る

PageTop