終活の資格認定ならお任せ下さい。

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

終活の資格認定【ポイントとFAQ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会では、終活の資格認定講座を通して、充実したセカンドライフが送れるお手伝いをしております。
要介護状態に陥ってしまった方ではなく、アクティブシニアの段階から信頼関係を築いて、それぞれの人生のエンディングを迎えるまでの、多くの課題を解決することが我々の仕事です。
人生100年時代が、目の前まで迫っています。

終活 資格認定

一昔前よりも、アクティブシニアの人生は確実に長くなっています。
我々は、これから迎える老い支度全般の準備と実行を支援するプロフェッショナルで、「いつでも・なんでも・気軽に・さいごまで」自律したクールな老後を応援しています。
少子高齢化や核家族化が進む中で、とても哀しいことですが、今後ますます子どもに期待できない世の中になっていくことは間違いないでしょう。
子どもに媚びないことをはじめから決めておく、クールな老後を我々はサポートいたします。
いつでも、シニアの様々な不安や疑問にお答えしておりますので、ご自分やご家族の終活に関して悩みを抱えているなら、どうぞお気軽にご相談ください。
それぞれのベストな方法を考えて、問題を解消できるようにお手伝いさせていただきます。

01シニアビジネスの終活資格認定講座とは?

人生100年時代といわれ、定年を迎えられてもお元気なアクティブシニアの方が多くいらっしゃいます。
シニアの方がエンディングを迎えるまでの老い支度全般において、頼れる身内が近くにいない方や、家族だからこそ相談しにくいといった現状が散見されます。
そのような老後のサポートに不安を抱えるシニアの皆様の支援を行っている会社があります。シニアの方との信頼関係を築きながら、毎日の円滑な暮らしや万一の場合の備えを指導し、寄り添う老後のパートナーを育成しています。
様々なご相談に対し適正な対応、解決策を提供・提案するのが役目ですので、過去13年にわたる豊富な経験を生かしたカリキュラムを作成され、短期集中講座を開いています。受講後に行う終了検定合格者のみに認定資格を授与しています。
認定資格を持った人は会社の手厚い支援を受けつつ、独立開業の道を歩みます。定年がなく、ご自身次第で収入を増やすことができる起業ビジネスです。
シニアの方からも、そのご家族からも喜ばれるやりがいのある仕事で、高齢化社会において今後もニーズが増え続けることは間違いないでしょう。
低リスク高ハピネスを掲げるこちらの終活ビジネス。シニアの孤独や孤立を無くし、明るい老後を楽しんで頂けるロールモデルになるのではないでしょうか。

02資格認定を受けるのが初めての方にお勧めな終活ビジネス

資格認定は医療や士業、化学や工業、学習などあらゆる分野において設けられている知識と能力を証明するためのものです。就きたい職に資格が必要であれば試験を受けたり講習を受け、合格した人だけが取得できます。
資格を持っていると何かあった時に役立つと履歴書の資格取得欄をいっぱいにするほど資格を持っている人もいます。実際に職を探す時に資格があると強みになり有利とも言えますが、特定の分野に秀でている方がニーズが高い業種もあります。
これから資格を取り、将来に備えたい方は現在の年齢やご自身の能力などを加味して、どの業種が適しているか判断が必要です。
日本は人口の高齢化・少子化が進んでおり、現在はもちろん、5年後、10年後、さらにその先への対策が遅れている状態です。独居老人が珍しくない社会でシニア層の方が安心して日々を送れるサポートが不足しているのが現実であり、そこにフォーカスした""終活""ビジネスが注目されています。
依頼者のニーズを捉えたサービスや信頼関係を築くためには一定の学習が必須であり、実践による経験が実力を磨く業種です。
終活のための資格認定講座を設けている会社がありますので、需要の高い終活ビジネス業界に興味がある方にお勧めの資格認定です。

資格認定を受けるのが初めての方にお勧めな終活ビジネス

03資格認定試験を受けられる方の3つのお悩みについて

資格を取得する理由は「就きたい仕事があるから」「就職に有利だから」「将来の役に立つから」などが挙げられるでしょう。実際に、資格を持っている分野に対する一定水準の知識・スキルを持っている証明になるため、就職時の自己アピールや信頼度を上げる意味でもメリットが高いと言えます。
資格認定試験を検討されている方から寄せられたご相談から3つのお悩みについてご紹介しましょう。

1.今取っておくべき資格の分野は何ですか?

2.アラフォーでも就職に有利な資格はありますか?

3.定年がなくできる仕事に繋がる資格を取りたい


お悩みの共通点は、これという希望分野があるわけではなく、市場のニーズに合った分野の資格を取り、就職に役立てたいというものです。どのような仕事にも向き不向きはあるものの、市場ニーズと言う大きな枠で見た時に注目されているのはメンタルヘルス関連の分野です。社会の構造変化により、リモートワークの定着化や単身者の増加、収入格差の増大、孤立化の深刻化などが注視されています。そのような中で、人とのコミュニケーション不足が進み、他人との関わり方やストレスとの向き合い方をケアする職業の必要性が求められるのは自然なことと言えます。さらに、人生100年時代で、高齢者をサポートする機関が足りていない状態のため、「終活」と言う分野における資格認定も需要があると考えられます。プライベートでも仕事でも役に立つ分野であり、年齢を問わず出来る仕事として未経験者にもおススメです。

04終活とは?終活の種類や注目される理由について

終活という言葉が認知されるようになったのは、まだ最近のことです。終活とは、自分の人生の終わりに向けて行う終焉活動、終末活動の略語で、自分が亡くなった時の葬儀やお墓、遺言の準備や財産相続、身の回りの生前整理などを行う事です。更には、死後に向けた事前準備に加え、「人生の終焉について考えることで、今現在を充実させる活動に繋がる」というポジティブな考え方とも取られ、関心を高めています。
終活を始めるタイミングは人それぞれで、30〜40代の若さで始める人も多く、結婚や子供の誕生、マイホーム購入時などの節目がきっかけとなる傾向です。終活にどのような種類があるか見てみましょう。
●生前整理、断捨離 身の回りの品物を整理・処分して、自分の死後に荷物の片づけをする人の負担を減らすのが目的です。
●エンディングノート、遺言書作成 エンディングノートは自分が亡くなった後に遺族へ伝えたいことや確認を前提に、葬儀やお墓、相続の希望などを書き残しておくノートのことです。
訃報の連絡を希望する知人の連絡先や、保険、預金や有価証券の情報に加え、家族へ言い残しておきたいことも自由に記載できます。一方、遺言書は遺産相続方法を中心に作成するもので、財産の整理や更新がラクになります。
●葬儀、お墓の準備 生前に葬儀場やお墓の予約をするのも終活に含まれます。予約により、亡くなった後のご遺体の搬送や葬儀手続きがスムーズに行えます。
終活をご自身一人で進めるのが難しい方は終活サポートを行っている会社に相談することが出来ます。ご家族に相談しにくい、手伝ってもらえる人がいない方にお勧めです。

05終活の資格認定を受け、独立起業された方から寄せられた声

少子高齢化の時代で、シニア層をサポートする終活ビジネスが注目を浴びています。核家族化でお子様と縁遠くなっている高齢者の方、パートナーに先立たれた方など、様々な事情で一人暮らしをされているシニア層が多いです。
人生100年時代と言われる中、身近に話を聞いてくれたり、困り事のサポートがありながら、自由な生活を謳歌できるのが理想的です。その実現に、「いつでも・何でも・気軽に相談できる相手になる」ことを目指し、サポートと対価の仕組みを作られた会社があります。

対象とするのは全国のアクティブシニアの方であり、サポートするコンシェルジュを育て、独立起業を援助しています。元々、介護系の仕事をされていた方、保育士といった、人と関わる仕事をされていた方が転身されるケースもあれば、介護の仕事は未経験という初心者の方もいます。
介護系事務職から転職し、資格認定を受けて、現在活躍中の50代女性から寄せられた声をご紹介しましょう。

「マスコミで介護現場の不祥事が取り上げられるのを他人事と思えず、その当時の施設に務めていました。少ない職員で重労働にも関わらず入職した10年間で昇給はありませんでした。人間関係にも疲れ、入所者の方に笑顔でサポートできる状況ではないと感じ退職しました。
転職先を考えている時にこちらの会社をネットで知り、何度も何度もご相談に乗って頂き、救われるような気持ちになりました。高齢者の方が困っていることを代行し、それに対して適正な対価を頂く。そのシンプルなことをするだけでシニアの方からは娘のように接していただき、喜んで頂いています。
もっとお役に立てるよう、自分自身も成長できるよう、努力していこうと思います。」

06人生100年時代の終活資格認定講座の費用の目安

定年と言われる年齢でもお元気なアクティブシニアの人口は多く、引退後からが第二の人生とも言われる「人生100年時代」を進んでいます。健康で趣味を楽しまれる方もいれば、親しい方がいなく、ご家族も遠方に住んでいて、頼れる人がいない方もいます。
そのようなシニアの方のパートナーとして、"近くの他人"ながら親身なサポートを行うビジネスを構築されている会社があります。

人生100年時代の終活資格認定講座の費用の目安

サポートするスタッフは誰でもよいわけではなく、資格認定試験をパスする必要があり、そのための講座を開いています。
長く続けられる仕事でやりがいがあり、自分の努力次第で収入がアップする仕事として希望者が増えているそうです。
こちらの会社で資格を取るために必要な費用の目安をお聞きしました。価格は変動することがありますので参考としてご覧ください。

●認定資格取得講座(3段階のコース体系式)
受講料:¥220,000(税込)
入門クラス(5時間)→認定クラス(10時間)→実践クラス(15時間)
●認定資格取得通信講座(ロールプレイ、修了検定の時間を短縮したコース)
受講料:¥165,000(税込)

以上の集中講座を受講後、検定試験をパスすると本社とのパートナーシップを締結することが可能となります。本部の支援を受けつつ、ビジネスを展開出来るシステムで、電話代行や事務代行といったサポートをしてくれます。
自身の仕事に集中でき、オーバーワークにならないようフォローがあるビジネスの仕組みが出来ていますので安心です。

07終活ビジネスの資格認定講座を受ける3つのポイント

シニアの皆様がエンディングを迎えるまでの老い支度全般をサポートする終活ビジネスが注目されています。
低リスク&高ハピネスで稼げる終活ニュービジネスを構築している横浜の運営会社では、未経験の方であっても独立開業の道が歩めるよう手厚い支援を行っています。こちらの会社とパートナーシップ契約を結ぶために、6日間30時間の短期集中講座を設け、修了検定合格者に認定資格を授与しています。この資格認定が評価される3つのポイントをご紹介しましょう。

01シニア援助の専門技術とヒューマンスキルの取得が可能

過去15年間での1万件の電話相談対応と、2千件の個別支援実績に基づき、老後の定期課題ごとの対応方法と対応手順を完全仕組化しているため、未経験の方もシニアからの相談にスムーズに対応出来ます。

02独立起業が可能。通勤がなく、会社の人間関係に悩むこともありません

本部とのパートナーシップ契約を結ぶことで独立起業においてサポートを受けながら、ご自身のペースでシニアへのサービス提供が行えます。事務所を構えたり、従業員を抱える必要がなく、初期投資なく起業出来ます。

03やりがいと収入アップが期待できる

サービスを提供して報酬を頂き、感謝されるお仕事であり、やりがいを感じられモチベーションが上がります。顧客による口コミや紹介で新規顧客を獲得しやすく、収入アップが期待できます。

08終活ビジネスの資格認定に強みがある理由、他社との違い

人生100年時代と言われる昨今、シニア層に着目する企業が増え、様々な高齢者向け商品やサービスが提供されています。ところが、実際には日々の暮らしに役立つ、本当に必要なサポートが足りないという高齢者やその家族の声があり、理想ばかりが先立っているという指摘があります。
経済的に余裕がない方や、近くに頼れる人がいない方、誰も話し相手がおらず寂しいという方、そのような方々が安心して暮らせるお手伝いこそが求められ、急がれているのです。
シニアの援助に対する専門技術とスキルを取得できる資格認定講座を設け、終活ビスジネスのパートナーシップを結ぶ独立支援を助ける会社があります。過去15年の経験で得た、老後の想定課題とその解決方法を仕組化しているため、受講者が理解しやすく、独立後すぐにサービスの提供が出来る充実した内容です。
終活ビジネスに早くから注目し、経験を重ねてきた会社ならではの生きた情報が基本であり、シニアの方が日常生活にどのような支援を望まれるかを熟知しています。具体的な実践方法を習得することでシニアの老後全般をサポートでき、やりがいと共に収入アップを望める点が受講者増加に繋がっていると考えられます。
社会貢献とビジネスの両方が伴った、終活ビジネスの成功例と言えるでしょう。

09終活ビジネスの資格認定講座への相談事例

高齢化社会の中、シニアの終活をサポートするビジネスや団体・企業が増え、様々なサービスが構築されています。そのような中、ビジネスを始めるために必要なスキルや知識を磨く集中講座を設け、終了検定に合格した人にだけ認定資格を授与している専門性の高い終活ビジネスが注目されています。
""シニアの生活を援助する""ために必要な知識を、過去15年に及ぶ経験と実績から仕組化し、カリキュラムにして受講者が即戦力となれるよう指導されています。こちらの会社への資格講座の相談事例を挙げてみましょう。

終活ビジネスの資格認定講座への相談事例

老人ホームに勤務しながら、ご自身の仕事にやりがいを感じることなく、続けるべきか悩んでいたという30代の女性。転職を想定しての講座受講のご相談がありました。当社の資格講座に興味を持たれる方には、現在、ホームの職員や介護系のお仕事をされている現役の方が大勢いらっしゃいます。仕事内容や収入・待遇などへの満足度が薄く、続けていくべきか検討されている方が大変多いのが現実です。
弊社は人生100年時代に向き合い、シニアの方とサポートを行う人が双方に満足度の高い関係を持てるビジネスを構築しています。健全なビジネスとして成立することが長く続けられる理想的なスタイルと考え、高齢化社会の中で職業としての認知度や需要をより高めていきたいと思います。

10終活ビジネスの資格認定講座へのよくある3つの質問

働き方の選択肢が増え、誰しもが会社に出勤し、決められた時間に決められたことをするスタイルから変革しつつあります。そして時代のニーズも少子高齢化への対応が急がれています。「高齢化社会」とは65歳以上を高齢者と位置づけた時に、人口の7%を超えた場合に呼ばれるものです。令和3年の統計による日本の65歳以上の人口は28.9%と高齢化率が高く、平均寿命84.7歳という世界トップクラスのの寿命の長さも相まっています。
日本の超高齢化社会に早くから目を向け、シニアの「終活」を支えるビジネスを展開している会社があります。
こちらの会社が仕組化した資格認定講座への問い合わせでよくある3つの質問をお聞きしました。
質問 資格認定講座ではどのようなことを学ぶのですか?
回答 シニアからの電話相談を受けて13年の間で集積した相談内容を元に、どのような解決が適切であるか、実践に基づいたシニア援助の専門技術を仕組化しています。
講座を受けて頂き、資格認定を取得した後すぐに実践できることを目的にした有益な講座内容となっています。
質問 認定資格を得ることでどんなメリットがありますか?
回答 検定試験をパスされた方は本部とのパートナー契約を結ぶことで様々なサポートが得られ、有料ビジネスを円滑に展開することが出来ます。
質問 資格認定講座のコース内容とは?
回答 認定資格取得講座は3段階のコース体型になっています。
・ブロンズクラス(5時間相当)
・シルバークラス(10時間相当)
・ゴールドクラス(15時間相当)
3コースを受講後に資格検定試験が実施され、合格されると本部とのパートナー契約を結ぶことが出来ます。

11資格認定講座選びの注意点

POINT 資格を持っていると就職や転職に有利であり、選択肢が広がることから複数の資格を取得している方は少なくありません。より専門的な知識があり、資格取得のために学習した証明ですので、初見の人への印象も良くなるでしょう。
そんな資格ですが、取得するだけで目的を果たせていない方が多いのも現実です。
「資格を取得したいと思ったきっかけは何か」「取得後、何を実現したいか」「どうすれば実現するか」
このように建設的に考えて資格を取得することが理想ではないでしょうか。
近年、日本の少子高齢化を背景に、シニア層を対象としたビジネスやサービスが数多く生まれています。健全なものばかりでなく、高齢者を狙った悪質な詐欺まがいのビジネスも散見され、安心して終活の相談ができる会社やサービスが求められています。
そのような中で、より充実したサービス、利用者が本当に必要なことを適時サポートできるスキルやノウハウを講座で学び、受講後の試験で資格認定を授与している企業があります。資格取得者とパートナーシップを結び、独立開業がすぐにスタートできるよう強力なバックアップがあるのが特徴です。
目的を実現するための有効な資格認定講座、将来性のある成功的なビジネスモデルとして注目されていることに納得できます。

12終活ビジネス業界とは

「終活」とは、人生のエンディングを迎えるための準備、活動のことを差します。
自分の死後に家族が困らないよう自身の葬儀やお墓について考えたり、遺産を明確にして遺言書を作成したり、身辺整理するなど、死後に向けた準備・設計などのサポートを行うビジネスが「終活ビジネス」と呼ばれています。
実際に、終活に関するセミナーや講座は活況であり、多くの関心があることを意味しています。
受講者の多くは40代から50代で、自身の親を亡くした時の経験から対策を望まれる方や、独身で死後の対応に不安を持たれている方などが終活への意識が高い傾向にあります。
終活ビジネスの認知度が広まる背景には「2025年」というキーワードがあります。いわゆる団魂世代(1947年〜1949年生まれの世代)の人が後期高齢者となるのが2025年であり、日本国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となるのです。これは他国に見ない超高齢化社会となることを表し、様々な対策が急がれています。
それと共に、終活ビジネスに関する契約のトラブルが数多くあるのも事実です。
これには、十分な情報収集、複数の業者からの相見積もり、契約内容の確認などが必要です。
終活を安心・安全に進めるためのマニュアルそのものが求められる時代になるのではないでしょうか。

FAQ一覧

トップページに戻る

PageTop