百寿コンシェルジュ協会のブログ | 人生100年時代の終活資格認定講座【一般社団法人百寿コンシェルジュ協会】

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

ブログ

2020年05月03日 [ニュース]

百寿グループの近況と見通し

2020年3月、世界中が新型コロナによる感染者の死亡が相次ぎ、被害拡大を防ぐべく、多くの国がロックダウン(行政による強制的な外出禁止措置)を敢行。日本でも遅れること一ヶ月、緊急事態宣言が発動されて、ゴールデンウイークの街並みも閑散としています。外出自粛の期間は、当座、6月初旬まで延長される見込みです。

ギリギリまで打開策を模索していた東京オリンピックも、とりあえず2021年夏への延期が決定しましたが、これも100%、実現は無理でしょう。商業施設や飲食店の臨時休業や大規模イベントの中止が続き、国民は外出を自粛せざるを得ない状況を強いられています。各種格闘技は無観客での試合となり、プロ野球は開幕延期。街はどこも閑散とし、まさに戦時下の厳戒態勢さながらです。

企業の大リストラや経営破綻が表面化しつつあり、零細企業では経営者自殺のニュースも入ってきました。令和時代の幕開けは、予想だにしなかったお先真っ暗の日々となっています。

私は、シニアの円滑老後をフルサポートする事業に携わっています。その一環で、会員制のシニアコミュニティも運営しています。2月下旬から最悪の悲観シナリオを想定して、自分にも何かできることはないかと考えに考えた結果、コロナ危機による自宅退避や流通網遮断の対策として、地方でひとり暮らしをしている会員シニア約100名に、1週間分の生活必需品をお届けしました。

具体的には、トイレットペーパー6ロール、ティッシュペーパー3箱、ペットボトルの水(2リットル)3本、 レトルト食品・カップ麺・缶詰・インスタント飲料15食分です。この程度のことですが、それなりの作業とコストがかかります。すると、どこからか聞きつけた横浜市内のVIP会員シニアが他の会員にも声をかけ、支援寄付金を募ってくれたので驚きでした。

最終的に、2週間で100万円以上のおカネが集まりました。感謝感激でした。実際にかかった費用の倍もの支援寄付金が届けられ、会員のあなたのおかげで、第2便の配送が可能となったのです。これは驚くべきことです。28名の会員シニアのあなたが、自主的にお財布の紐を解いてくれて、おひとり平均35,000円もの現金を短期間で用立ててくれたのです。

人間には誰かの役に立ちたいという根源欲求があります。誰かを助けることで、自身の存在価値や存在理由を自己承認できることになります。このエピソードを私がいろいろな機会に語り、その反応をフィードバックすれば、彼らの自尊心はさらに満たされることになります。そう。おカネを差し出すことと引き換えに、会員シニアのあなたもかけがえのないモノを手にするわけです。

こう書きながら、私はひとつの仮説に行き当たります。独居の会員に荷物を届けると言いましたが、支援寄付金を出してくれた会員の中にだって独居のひとが半数以上いるのです。ということは、率先して寄付をしてくれた会員シニアのあなたは、もしかしたら、一度も顔を合わせたことのない地方の会員を助けるというよりは、私を応援してくれたのではないかと。そんな気がしてならないのです。この仮説が正しかったとすれば、彼らと私が築いてきた関係性こそが、百寿コンシェルジュが目指すものであることの証になるかと思います。

いずれにしても、私にとっては、またひとつ、かけがえのないサプライズエピソードを新型コロナ騒動が運んできてくれたことになります。外出できずにひとり不安を抱えながら暮らしている方々を案じながらも、一方で心温まる思いに浸ることができました。会員のあなたには、心からのありがとうを伝えたいと思います。

そして、不謹慎かもしれませんが…。アフター・コロナには大不況が訪れ、企業各社は大リストラを敢行せざるを得ない悲惨な世の中になることでしょう。となると、本当の意味で仕事をしてこなかった人たち、能力的に仕事ができないできた人たちは職を失うことになります。

でも、百寿グループの見通しは比較的明るいと思います。理由は、今回のコロナ危機で、シニアたちの間に、「やはり目の黒いうちに子ども世代にバトンタッチしておかないと、いつどうなるかわからないからな」という危機意識と当事者意識がまちがいなく高まるはずだからです。いや、すでに兆候が出始めています。

となれば、私たちが扱っている『エイジングウィル(老後設計書)』や『百寿保険SMAP(さいごまで丸ごと安心パスポート)』のニーズが高まり、今夏からサービスを開始する認知症予防プログラム『恋愛遊戯で生涯青春!』とあわせて、商売をしやすい環境が整ってくることでしょう。

シニアのみなさんに、私どもを応援させてあげられる機会が増えてきそうです。私どもを助けさせてあげられる機会が増えてきそうです。お財布の紐を解かせてあげられる機会が増えてきそうです。このアングルをオンラインで実現する手法をすでに作り始めています。自宅に居ながら日銭を稼ぐ裏ワザも見出しました。

なので…。もしも、これを読んでいただいている中に、ビフォア・コロナと違う道を歩んでみようと考えている人がいたとしたら、あなたも、百寿コンシェルジュとなって、私たちの輪に加わってみてはいかがでしょう。

幸い、じっくりと今後のことを考える時間を与えられたはずです。アフター・コロナの世界でのレゾンデートルを見つけてみませんか? 
感度良好で向上意欲旺盛なあなたとお目にかかれることを心待ちにしています。


トップページに戻る

PageTop