百寿コンシェルジュ協会のブログ | 人生100年時代の終活資格認定講座【一般社団法人百寿コンシェルジュ協会】

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

ブログ

2019年10月23日 [ニュース]

2020年をブレイクの年に!

突然ですが、質問です……。
 
一般企業にお勤めされているみなさん、
●理不尽な上司に命ぜられ、納得いかぬままに動いてはいませんか?
●会社都合ではなく、本当にお客様のために善かれと思える仕事ができていますか?
●人が敷いたレールの上をひらすら走り続けて疲弊するのはもうおしまいにしませんか?
●締め日前や月末月初の過剰な残業が当たり前のようになっていませんか?
●キャリアアップやプライベートの充実について、考えるゆとりがありますか?
●いいかげん、もう時間に追われる生活は断ち切りたいと思いませんか?

介護業界で働いているみなさん、
●あれだけ身を粉にして疲弊した結果、全業界最低の賃金で満足なのですか?
●現在の職場では、勤続年数に応じてきちんと昇給が見込めますか?
●介護保険制度の枠のなかで働いているかぎり、世間一般の「ふつうの幸せ」を手にできないことに、もう気づいているのではありませんか?
●そして、これから先も…、まだオムツを換えますか?

介護現場で働く人たちは、重労働からくる身体的ストレスの他に、組織に属することによるストレス、時間に追われることによるストレス、納得のいく収入が得られないことによるストレスを抱えています。何かのきっかけでこの道を目指した人たちが、いとも簡単にギブアップしてしまう、いや、せざるを得ない土壌が、現在の介護現場にはあるようです。でも、これらをすべてクリアできるとしたらどうでしょう。


さて、来月から、未来を変えたいと思っているみなさんのために、資格取得予備校の雄・LECさん(東京リーガルマインド社)とともに新しい選択肢の話をしていきます。

起業支援付き百寿コンシェルジュ認定講座……。

百寿コンシェルジュとは、認知症対策&終活支援の新しい認定資格です。

百寿コンシェルジュなら、ひとり起業も可能です。
百寿コンシェルジュなら、残業などという概念はありません。
百寿コンシェルジュなら、時間は自分でコントロールできます。
百寿コンシェルジュなら、事務所がなくても構いません。
百寿コンシェルジュなら、現在の仕事を続けながらの週末起業も可能です。
百寿コンシェルジュなら、収入には上限がありません。
百寿コンシェルジュなら、提供したサービスに応じた報酬が得られます。

地域に貢献して感謝されながら、やりがいと然るべき報酬を手にすることのできる人生。
百寿コンシェルジュとなったなら、あなたもそれを手にできるのです。

企業勤めを終わられてセカンドキャリアを模索中のみなさん
役職定年で収入を大幅に削られてしまうみなさん
来る日も来る日も過酷な仕事に取り組みながらも、満足のいく収入を得られず明るい未来を描けずにいる介護現場のみなさん
これから福祉の世界に足を踏み入れようとしている学生や転職志望のみなさん
携帯ショップや飲食店などのサービス業で働いていて、接遇に自信のあるみなさん
企業での管理職経験をお持ちのみなさん
そして、自分が生まれ育った街で地域の役に立ち感謝されながら、それに見あったおカネを手にしたいとお思いのみなさん。

是非、当サイトのトップページから、百寿コンシェルジュの無料説明会をお申込みください。

公私ともにワンランク上のステージを目指す、向上心あふれるみなさん。
既成の価値観にとらわれることなく、肩の力を抜いて、お越しください。
薔薇色の世界への扉がみなさんを待っています。

チャンスをつかむのは、あなたのその手です。
2020年をブレイクの年にしましょう。
そして、未来を変えましょう。


明治維新のヒーローとなった幕藩の志士たち。彼らの精神的支柱であった吉田松陰がこんな言葉を遺しています。

夢なき者に理想なし。
理想なき者に計画なし。
計画なき者に実行なし。
実行なき者に成功なし。
ゆえに、夢なき者に成功なし。

私たちは、過去・現在・未来という時間の延長線上を生きています。過去に食べたもので私たちの躰ができ、過去に学び経験したことで私たちの精神ができているのです。つまり、過去が現在を作っているということ。ならば、私たちが現在をどう生きるかで、私たちの未来も変わり得るということです。そう。運命はわたしたちの手中にあると思っていい…。

過去を変えることはできませんが、未来を変えることはできます。
他者を変えることはできませんが、自分を変えることはできます。
性格を変えることはできませんが、行動を変えることはできます。


さて、そこのあなた。
あなたは、どこへ向かっていきますか?

はじめの一歩を、是非、私たちとともに踏み出しましょう!
ともに進みましょう。
ワンランク上のステージヘ。


トップページに戻る

PageTop