百寿コンシェルジュ協会のブログ | 人生100年時代の終活資格認定講座【一般社団法人百寿コンシェルジュ協会】

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

ブログ

2019年07月31日 [ニュース]

最速で教養を身につける方法 〜マンガでアナタも教養人〜

教養がない人かどうかを見わけるには、ものの数分、会話をすれば事足ります。教養がある人とない人とではボキャブラリーに大きな違いがあるし、言葉遣いにも明らかに影響が出ます。ということは、「この人は教養があるなぁ」と思われようとするならば、会話の中身を改善していけばいいということになります。

余裕を持って丁寧に話す、ボキャブラリーを豊かにする、言葉遣いに注意するなどを徹底すれば、あなたの本来の教養はどうであれ、他人から見れば「教養がある人」だと思われる可能性があるということです。

しかし、です。読者のみなさんは、百寿コンシェルジュとしてシニアの抱えるさまざまな問題解決をすることで、ワンランク上のステージに上る人たちです。ここはやはり、周囲からリスペクトを受けるに相応しい、本当の意味での教養を身につけてください。

なぁに、安心してください。今からご紹介する短期集中トレーニングで、あなたの教養はあっという間に高まるはずですから。トレーニングとはいっても、別にストイックな要素はありません。通勤通学の途中や夜寝る前にマンガを読むだけです。

私たちの肉体は、過去に食べたり飲んだりしたもので出来あがっています。同様に、私たちの精神は、過去に出会った人や、読んだ本や、訪れた土地などから受けたさまざまな刺激で成り立っています。その意味で、私は、人との交流や読書や旅行は魂の触媒だと思っています。

で、これらのうち、いちばん手っとり早くあなたの教養を高める方法が読書です。読書が苦手な人はマンガで構いません。ただし、古典に限ります。偉大なる先人の思想や哲学に触れることで、あなたの価値観を作り上げるのです。

大学生は学部を問わず、入学と同時に一般教養を学びます。一般教養とは、人文科学・社会科学・自然科学の総称です。具体的には、人文科学は、歴史・哲学・文学・言語など。社会科学とは、社会・政治・経済・法律・社会心理学・教育学など。自然科学は、物理・化学・生物・天文・地学・工学・農学・医学などです。これらを幅広く学ぶ過程で、自分のこころにビビッとくるものと出会いがあるものです。

しかし、今から大学に通ってくださいと言ってもおカネと時間がかかりますから、マンガを読むことをお薦めします。

いくつかの出版社から、「マンガで読む古典」みたいなシリーズが出ています。優に200タイトルくらいあるでしょうか。実に広範囲に渡っていて、どれも小一時間もあれば読めてしまうくらいに、簡潔かつ面白くまとめられています。

古典の名著を本気で読破しようと思ったら、せいぜい夏休みに2、3冊読めるかどうかです。それがいとも簡単に一日一冊、楽勝で読めてしまうのですから今の人たちはラッキーです。これを活用しない手はありません。

ちなみに、私の価値観を形成した、シェイクスピアの四大悲劇、、ダンテの「神曲」、スタンダールの「赤と黒」、ゲーテの「ファウスト」、アランの「幸福論」、キルケゴールの「死に至る病」、武者小路実篤の「友情」、フランクルの「夜と霧」………。

ああ、何ということでしょうか! これらがみな、いとも簡単にマンガで読めてしまうだなんて! 

本当に驚きです。これはもう、読まない手はありません、絶対に。

具体的には、これから言う3つのステップでマンガを読んでいきましょう。

@タイトルや表紙で読むマンガを決めたら、まずはラインマーカーを手にサクサクと読み進めます。
A次に、ビビッとくるフレーズがあったら色を塗ります。一冊読めば、最低でも二三個は気になるフレーズがあるものですからね。
B続いて、そのフレーズを声に出して読みながらノートかカードに書き写します。
C最後に、24時間以内に、そのフレーズを友だちや後輩や恋人や家族にもっともらしく語ります。古典からの受け売りではなく、自分の言葉として。月9ドラマの主人公にでもなったつもりで、役を演じきってください。こうすることで記憶に定着し、本当に気に入ったフレーズはいつしか本当にあなたの価値観になることでしょう。

たったのこれだけです。たったのこれだけで、あなたはもう立派な教養人です。

こうして数々の古典を制覇し、そこから得たキーワードやキーフレーズを自分のモノにしてしまえば、あなたはもう軽〜いうわべだけの人間には見られなくなります。極端な話、百寿コンシェルジュにならなかったとしても、あなたの人生と精神が豊かになることは保証します。

躊躇せずに今日からやってください。これこそは最強の学習法です!


トップページに戻る

PageTop