百寿コンシェルジュ協会のブログ | 人生100年時代の終活資格認定講座【一般社団法人百寿コンシェルジュ協会】

百寿コンシェルジュ協会
  • シニアお役立ち情報
  • お問合せフォーム
  • 株式会社百寿研

ブログ

2019年07月29日 [ニュース]

目指せ3冠王

さて、ここでちょっとヒューマンベーシックナインのことを思い出してください。
人格曼荼羅の真ん中に「精神」とありましたよね。善なる精神とは、ホスピタリティマインドのことであり、それを体現することを「エンターテイン」と言うんだとお話ししました。しかし、あなたがシニアをエンターテインしただけでは、あなたの「人望」は片手落ちです。まだまだ福祉の世界で成功するには不十分です。

わかりやすく言えば、いつも愛想が良くて話を聴いてくれて、時には飲み代も出してくれて……というだけではダメだということです。周囲からの人望を高めるためには、相手のあなたに対するリスペクトがなければなりません。

繰り返しますが、「信ずる者」と書いて「儲(もうけ)」と読みます。相談者の信頼を得られてこそ、はじめて商品やサービスが売れるのです。さらに、「人に言う」と書いて「信」なのです。つまり、儲けとはあなたのことを「人に言ってくれる者」なのです。信頼を得ることで収益はおのずとあがってくるということです。

それでは、周囲から「信を得る」にはどうすればいいのでしょうか。私が思うに、リスペクトの源泉は「観」です。あなたの確固たる価値観。何があってもブレない価値観。人生観・死生観・仕事観・社交観・福祉観…。平たく言えば、基本的なモノの見方や考え方ということ。生きていく上でいちばん大切に思っていることです。人間を長くやってきて、自分なりの価値観がない人は、他者から見ると薄っぺらいものです。

百寿コンシェルジュとして接することになるシニアは、あなたにとっては人生の先輩であることが多いでしょう。となれば尚更、あなたには人間としての厚みが求められます。で、この価値観の源泉になるのが、教養というやつなのです。

余談ながら、「エンターテイン」とか「ホスピタリティ」を漢字一文字で表せば『歓』となります。
また、「リスペクト」されるための源泉を漢字一文字で表せば『観』となります。
そして、百寿コンシェルジュには、この「歓」と「観」をいかなる局面でも言行一致させることが求められます。
これを漢字一文字で表せば『貫』となります。

ということで、「デキる百寿コンシェルジュは三カン王(三冠王)」と記憶していただければ幸いです(笑)。野球をご存知ない方は…、ごめんなさい。


トップページに戻る

PageTop